印刷通販 体験レポート

バンフー体験レポート(前編)

翌日に店頭で受け取りたい急ぎのパネルをバンフーでオーダー! 発注から受け取りまでを体験レポート(前編)

今回発注した商品

商品名 大判インクジェットB3パネル/スタンダード光沢紙/片面タックボード
部数 1部
納期 1日後出荷コース
オプション マットラミネート表面加工
注文金額 4957円(税込み)
総評

〈良かった点〉
・入稿翌日には商品受け取りが可能。さらには即日・当日サービスなども用意され、スピーディーな対応がありがたい。
・ネイティブデータでの入稿にはおた助データ修正無料サービスが用意され、PDF入稿も可能などデータ入稿が楽ちん。
・24時間フリーダイヤル・チャットサービスなどのサポート体制が充実しており安心できる。
・都内13店鋪で商品受け取りが可能なだけでなく、データ作成や商品についての相談も気軽にできます。

〈改善してほしい点〉
・各商品ごとの入稿データ仕様を確認するための解説ページがやや探しにくいと感じました。

STEP1:会員登録

まずは会員登録から。トップページ右上の「新規会員登録」のリンクをクリックします。

ご利用規約と個人情報の取扱いについての説明ページに移るので、そちらを確認した後に「ご利用規約と個人情報の取扱いについて同意する」の項目をチェック。今回は個人として登録し、下の「新規会員登録はこちら」ボタンをクリックします。

詳細なお客様情報入力フォームがあらわれるので、必須項目などを入力します。
個人情報に関わる必須項目は氏名、電話番号、緊急連絡先、郵便番号と住所、メールアドレスなど。
使用アプリケーションの種類やバージョンなども入力しておけばマイページに情報が保存されますので、注文手続きの際の入力の手間が省けます。

フォーム下部の「確認画面へ」のボタンを押して内容を確認したのち「送信する」ボタンを押せば登録が完了。
入力したメールアドレスに登録内容が送信されているはずなのでこちらも確認しておきましょう。

ちなみに初回会員登録の際には、1000pt=1000円分のポイントがプレゼントされます。
他の印刷通販会社の場合、ポイントの期限がごく短期間に設定されている場合もありますが、バンフーのポイントプレゼントはなんと有効期限が2年間、これはありがたいです。
しかしながら、ためらうことなく今回のオーダーで早速利用してみようと思います(笑)。

STEP2:注文その1―価格を確認しよう

それでは早速注文してみましょう。
今回はイベントなどで必要なパネルを急ぎで準備したい!というシチュエーションを想定し、B3のパネルを翌日受け取りでオーダーしてみることにします。
条件は、〈大判インクジェットパネル/B3パネル/スタンダード光沢紙/片面タックボード/表面加工:マットラミネート加工/1部/1日後出荷コース〉としてみました。

まずは改めてトップページ右上のログインボタンよりログインし、トップページ左の「印刷サービス」メニューから「パネル加工」にカーソルを合わせると、各種パネルメニューがポップアップします。

大判インクジェットパネルの項目をクリックすると、サイズを選択するページが開きますので、B3サイズのリンクをクリックします。
ちなみにサイズはB3、A2、B2、A1、B1、A0、B0の定型、および各サイズ内での変型サイズが指定可能です。

クリックすると、価格表ページに移ります。まずは上部の各項目を選択していきます。
用紙の選択:スタンダード光沢紙(他にスタンダード半光沢、上質、本紙マット、本紙コートが選択可能)
仕様の選択:パネル加工まで(この商品の場合はこの項目のみ)

そして下の価格表より、受注確定から1日後出荷/1部をクリックします。今回はこの仕様で3,690円(税別)となりました。他の印刷通販サイトを調べてみたところ、翌日出荷でこの価格は最低ラインに属する価格でしたので、急ぎの場合にはかなりお得な価格設定です。ちなみにバンフーの営業日は、土日祝も営業日として計算されますので、週末を挟んで納期が遅れるという心配もありません。

2018年01月29日

印刷会社PR

印刷会社の皆様へ

キャンペーン情報をお寄せください!

デザイナー専用

印刷通販サイト比較

印刷総合① 印刷総合② 印刷総合③ 全一覧

過去記事
姉妹サイト「コドモノ!」へ