印刷通販 体験レポート

プリントプロ体験レポート

印刷通販サイトとしては新顔のプリントプロ。低価格かつ高品質は本当か!? チラシ発注でじっくりレポート!!

今回発注した商品

商品名 チラシ・フライヤー
部数 30,000部
納期 6営業日
オプション サンプル送付サービス
注文金額 40,810円
総評

〈良かった点〉
・同仕様・同納期で印刷通販各社の中で最も安い価格。もちろん送料も無料。
・ウェブページの作りがシンプルで、発注の流れが限定されているので分かりやすい。
・PDF入稿にのみ対応。書出しプリセットも用意されているため、データ作成に慣れた方にはデータ入稿が簡単。
・自動データチェックで迅速にデータチェックが可能。

〈改善してほしい点〉
・仕様選択とPDF入稿を同時に進める必要があるのがやや不便。仕様選択後にもPDFアップロードができるようにして欲しい。
・支払い方法がカード支払いと請求書払いしかない(請求書払いは事前審査が必要で時間が掛かる)。

STEP4:仕様選択からデータのアップロードとデータチェックへ

それでは発注作業を開始しましょう。
今回は〈フライヤー・チラシ/A4サイズ/マット90kg/両面カラー/30000部/6営業日後納品コース〉の条件で注文します。
ログインした状態のまま、左上のプリントプロのロゴをクリックするとトップページに遷移します。
トップページ左のメニュー、「フライヤー・チラシ」の項目から、「A4(210×297mm)」をクリックすると仕様選択のページが表示されます。

こちらで上から順に以下の項目を選ぶと、価格表が更新されます。今回の仕様にしたがい、以下の通り選択します。

用紙サイズ:A4(自動で設定されるため、変更不要)
印刷用紙:マット90kg
表面色数:4色(CMYK)
裏面印刷:4色(CMYK)
折り加工などオプションが必要な場合は「オプション」のメニューで追加します。

選択が完了したら、下部の納期と部数で価格を確認しておきましょう。そして「PDFファイル選択」のボタンをクリックして、先ほど保存したPDFのアップロードを開始します。

「PDFファイル選択」のボタンをクリックすると、「個人情報の取り扱いに関して」のポップアップウインドウが表示されます。内容を確認し、下部のチェックボックスにチェックを入れて、「同意してPDF選択画面へ進む」のボタンをクリックすると、PDFファイルの選択画面に遷移します。

PDF書き出しプリセットのファイル規格はPDF/X1-aに準拠しているので、「PDF/X1-aで入稿」を選択し、PDFファイル選択の項目で作成したPDFファイルを選択します。
今回の入稿ファイルは表裏2ページ分をまとめて書き出したPDFでしたので、「表面PDFファイルを選択」でアップロードしただけで両面分のPDFファイルアップロードが完了しました。
表裏を別のファイルで作成している場合は、裏面のPDFファイルもアップロードする必要があります。

アップロードのボタンをクリックするとPDFファイルがアップロードされます。60MB程度のデータアップに2分ほどかかりました。
この後自動データチェックに進みます。

おおよそ5分ほどでデータチェック完了のメールが届きます。この際にウェブサイトの画面が自動的に更新されて発注に進むのではなく、マイページに移動する必要があります(右上のボタンから移動可能)。
マイページの「ご入稿済みデータ」の項目に先ほどアップされたデータが表示されています。右側に注意のアイコンが出ているので、ちょっとした問題があるのかもしれません。
クリックしてチェックの内容を確認してみます。

アップロードしたファイル名をクリックすると、データチェックの結果が確認できます。エラーなどがある場合、このページに直接表示されるわけではなく、レポートのPDFを一度ダウンロードしてから確認する必要があります。プレビュー画像の下のレポートPDFというボタンをクリックして、レポートPDFを確認してみましょう。

レポートPDFをダウンロードし警告内容を確認すると、絵柄が仕上り線から3mm以内にあることと、スミ100%のオブジェクトがオーバープリントになっているという警告でした。いずれも仕上りには問題のない警告なので、「自動データチェックの結果」のページに戻り、承認ボタンをクリックします。

ちなみに今回のデータはInDesignで入稿、表面にはIllustratorのデータを貼り込んでいます。InDesignはデフォルトではスミ100%が指定されたオブジェクトは全て自動的にスミノセ(=オーバープリント)になるため、オーバープリントの警告が出たようです。恐らくDTPにあまり慣れていない方はこの警告は一体何だ!?と思われるでしょう。
スミノセの場合のオーバープリントは問題が起こることはありませんから、スミノセの場合のオーバープリント設定の警告は出ない方が混乱が少ないのでは、と筆者は考えます。

 

2018年07月23日

印刷会社PR

印刷会社の皆様へ

キャンペーン情報をお寄せください!

印刷通販サイト比較

印刷総合① 印刷総合② 印刷総合③ 全一覧

姉妹サイト「コドモノ!」へ