デザイナー・インタビュー
Vol.16

アートディレクター/Copen College代表

堀之内 千恵 さん

大量消費されるものではなく、心がかよったものを作りたい

一度社会に出てから、昔の夢を追う形でデザインを学びなおし、デザイナーにキャリアチェンジした堀之内さん。「世界に一つだけのものを、その人のためだけに作りたい」との思いから結婚や起業などライフイベントに関わる仕事に力を入れている。

どんなお仕事をされていますか。

これまで2年間 制作会社でデザイン経験を積ませていただきつつ、並行して個人デザイナーとしても活動してきました。そしてありがたいことに個人に対する引き合いが増え両立が困難となったことから、制作会社を離れフリーランスとして完全に独立することにいたしました。
今、仲間たちと企画・運営している事業がいくつかあります。そのうちの一つは教育事業。Fab Life School ! という起業とデザインをミックスさせたスクールと、Copen Collegeという女性にデザインを教えるスクールを準備しています。Fab Life School ! はデザイン学校の先生から「社会人向けの教育事業をやるから一緒にやらないか」とお声がけをいただいたものです。この先生との出会いによって、私の人生も大きく変わったと思います。それから、CutumiFlower というクレイクラフト(粘土細工)のお花のブランドをかつての後輩と一緒に運営していたりします。
もちろん、個別にウェデイングアイテムの企画デザインやその他諸々のデザイン業務も精力的にやっていますよ!

お仕事で一番楽しいのは?

大量消費されるようなデザインはしたくなくて、大企業がクライアントの仕事はあまり燃えないんです。
お客さんと1対1で向き合うような、個人向けの仕事が好きです。ストーリーや新しい世界を創るのが好き。人の人生を左右するような感動を与えたい。それこそ死ぬ時に思い出してもらえるようなデザインがしたいです。
そんな想いから、人が起業するときとか、結婚する時とか、そういうライフイベントに関わる仕事が多くなっているのだと思います。

デザイナーを志したきっかけは?

もともと絵が好きでデザインの専門学校に行きたかったのですが親に反対されて、大学行って普通の会社に就職したんですよね。会社では希望していた企画をやらせてもらって楽しかったのですが、お取引先でとっても活き活きしたアートディレクターの方がいらしてデザインへの情熱が再燃してました。
当時福岡に住んでいたのですが、就職浪人していた彼がやっと試験に合格して、東京に出て就職することになって。私もいろんな想いやタイミングが重なって、会社を辞めて一緒に上京することにしました。
東京へ来て、夢を追いかける形でデザイン専門学校に行ったのですが、彼も就職したばかりでお金ないし、私も今までの生活費と引っ越し代ですっからかんでしたので、学費は200万円ぐらい全額ローンで借りました。

全額ローン!?

はい、今でもコツコツ返してます!

堀之内さんの強みはどこですか?

人見知りをしないで誰ともお友達になれるところ。企画をやっていたので発注者側の気持ちがわかるところ。後は、後輩とか大好きで面倒見がいいところ。3姉妹の3女なのでずっと下が欲しかったせいかもしれません。大学時代は個人指導の塾講師をしていましたし、社会人一年目はコールセンター勤務でしたので、人と会話しながら相手の気持ちを汲み取るのも比較的得意かもしれません。Fab Life School !の立ち上げに声をかけてもらえたのも、恐らくこの「社会人経験」と「面倒見の良さ」を見込まれてのことかと思います。

印刷はどこを使っていますか

グラフィックは専門学校でも「グラフィックを使いましょう」みたいな講座があって周りの評判もいいし、コスパがいいのでよく使います。プリントパックは先日初めて使って、予備をデザイナーにも送ってくれたのがよかったです。営業マンが来るタイプの印刷会社は使ったことないですが・・・キンコーズを使ったことがあります。お客さんが長崎の案件だったので、ネットで長崎のキンコーズに入稿してお客さんに店舗で受け取ってもらうという技を使いました。

女性として意識していること、考えている事はありますか?

将来 子供も産むでしょうし家のことも大事にしたい。それもあって家でも仕事ができる体制を作ることは大切なんだろうな、と考えています。何があっても 仕事を犠牲にしたり、生活を犠牲にしたりしなくて良いように。
これからは女性がもっと活躍する時代が来ると思っていて、仕事上でも自身が女性という事もあり、女性をターゲットにしたものがやはり面白いです。女性は学んでから行動を起こすのが非常にスピーディですから、教育事業には女性に特化したものも準備しています。女性は男性よりも色の識別能力が高いなど、根本的に違うし、優れている面がたくさんあるので、その力をもっと発揮できるお手伝いがしたいです!
もちろん、女性が活躍すると同時に、男性への感謝や尊敬を忘れてはいけないし、尊重していかなければいけないとも感じています。女性重視というよりは、男性も女性ももっと自分らしくイキイキと輝ける人生が送れる時代が来たらいいなと思っています。

堀之内さんへのご相談はこちらから

社名

Chie Horinouchi

氏名

堀之内 千恵

連絡先

horinouchi0131@gmail.com

運営者のコメント

本当に人懐っこい堀之内さん。初対面でしたがお会いした瞬間に「あー、ごめんごめん待った?」とラフに話かけてしまいそうになりました。デザイナーさんとの打ち合わせが緊張しちゃう!という方でも彼女なら大丈夫(笑)。キャリアチェンジは難しいイメージがありますが、夢を追って本当に実現させてしまうのだからすごいです。

2015年01月20日

このエントリーをはてなブックマークに追加

印刷会社PR

印刷会社の皆様へ

キャンペーン情報をお寄せください!

デザイナー専用

印刷通販サイト比較

印刷総合① 印刷総合② 印刷総合③ 全一覧
完全データ作成110番 印刷通販ハンジョーズ

過去記事
姉妹サイト「コドモノ!」へ