印刷通販会社 こだわり取材

クリアニスや箔加工名刺を1箱から~whoo

whooのウェブサイト
https://whoowhoo.com/

編集部の周りでじわじわと利用者が増えているデザイン名刺サイト”whoo”。

・クリアニス(Clear)や立体的な箔加工(Haku)等、高度な加工名刺を少部数から作ることができる
・データ入稿でもテンプレートでも作ることができる
・異なる写真で最大50パターンの表現ができる(Pics)
・通常の名刺サイズに加え、真四角(CUBE)や小さく細長いサイズ(MINI)が選べる
・日本のサイトでは珍しい洗練された欧文フォントが使える

などなどの特徴があり、使いこなせばかなり面白い名刺がつくれます。

従来、ニスや箔のような後加工は少部数で利用すると高額になり気軽に手が出しにくいものでした。少部数で作れるサービスが出てきた背景には、何らかの技術革新や陰の努力があるに違いありません。whooの親会社である帆風が運営している竹橋プリンティングセンターにて、実際に生産する工程を見せていただきました。

まず驚いたのは、生産設備が都会のど真ん中にあるということ。竹橋駅直結のパレスサイドビル地下3階から5階が印刷工場になっており、この立地で24時間稼働しています。

工場の中で、whooの名刺を印刷しているのは Indigo 7800 という機械 。オフセットに匹敵する品質のデジタル印刷機です。

印刷を行うIndigo 7800

クリアニスや立体箔 などの後加工がある場合、Indigoでプリントした名刺をJETvarnishという加工機械に移動します 。varnishというのはニスという意味。この機械で、ニスや箔の加工をします。驚いたことに、この機械はニスや箔を無版で印刷できるそうです。

ニスや箔押し等後加工を行うJETvarnish


メタリックな箔押し加工

透明の凹凸を表現するクリアニス

JETvarnishで加工した後は断裁です。加工した名刺は凹凸があるので、上から圧力をかけていっぺんに断裁することができません。そこで、whooでは上から圧をかけず横から切り落とすスリッターで1枚ずつ断裁をしていました。

横から断裁するスリッター

案内していただいた工程の中でも、特にJETvarnishは 特徴的な機械でした。導入しているのは日本で数台、ネットからオーダーできるサービスではおそらくwhooが唯一なのではないかというお話でした。

whooはデータ入稿が可能。ということは、クリアニスや箔などの後加工もオリジナルデザインで自由自在。どんな風に使おうか、あれこれ妄想が止まりません。思い切りリッチな名刺だって作れてしまいますね。

サイズも流行の真四角やミニサイズから選べますので、形から後加工までいろいろなところで個性を発揮できます。

広報部の武部さんは語ってくださいました。
「サービスを利用していただいている方の作品を拝見しているとお客様が皆さんご自身の世界観を見事に表現されていて、それも我々の予想をはるかにこえて本当に素晴らしい完成度で作っていただいていて、かっこいいのです。我々もこだわってサービスを作ってきてよかったと感動します。」

考えてみれば、名刺に説得力が必要な職業というのは結構たくさんあるのだと思います。
デザイナー、フォトグラファー、アーティスト、起業家、あるいはクリエイター など。名刺が自己表現のスペースとなり、それをきっかけにお仕事がひろがっていきます。
名刺という小さな紙片に何を表現するか。その可能性を広げてくれるのがwhooのようなサービスに違いありません。

2018年06月05日

印刷会社PR

印刷会社の皆様へ

キャンペーン情報をお寄せください!

印刷通販サイト比較

印刷総合① 印刷総合② 印刷総合③ 全一覧

姉妹サイト「コドモノ!」へ