印刷通販のデメリット

2009年01月03日

印刷通販を使うべきか、従来型の印刷会社を使うべきかの判断材料として、
一般的には通販には以下のようなデメリットがある。
※当てはまらない会社もあるため詳細は各社のHPで確認してください。

  • 営業マンによるサポートがない
  •  従来型印刷会社では、営業マンに「こんな感じに作りたい」
     というイメージを伝えれば、紙質や加工を提案してくれたり、
     校正や見積もりや請求書を届けてくれたりというサポートがある。
     通販ではコストを抑えるかわりに「営業マンが会社まで来てくれる」という
     便利さはない。

  • 特色・特殊加工のバリエーションが少ない
  •  通販では一般的な印刷物を「たくさん集めて安く提供する」というモデルが多く、
     特色や特殊加工のバリエーションが少ない。

  • 色合わせ商品に向かない
  •  従来型の印刷会社では、色見本をつけて「この色に合わせて印刷してください」という
     オーダーを受けてくれる会社が多い。
     また、色校正に対し「もっと赤っぽく」「もっと白っぽく」など指示を入れる事で、
     印刷会社側で色味を調整してもらうことができた。
     通販の場合は色味の調整を印刷会社側でしないことが多く、入稿されたデータをそのまま
     印刷するのみとなる。色を修正したい場合はデータを修正して再入稿する必要がある。
     そのため、厳密に色を調整する必要がある印刷物は通販に向かない。

    印刷会社PR

    印刷会社の皆様へ

    キャンペーン情報をお寄せください!

    デザイナー専用

    印刷通販サイト比較

    印刷総合① 印刷総合② 印刷総合③ 全一覧
    完全データ作成110番 印刷通販ハンジョーズ

    過去記事
    姉妹サイト「コドモノ!」へ